時期による中絶手術の違い|痛みを和らげる取り組み

先生

中期中絶について

カウンセリング

様々な事情で、やむなく中絶という判断をされる方もいらっしゃるかも知れません。東京や全国の産婦人科で行なわれている中絶ですが、その内容は2種類に分かれます。ここでは中期中絶についてお伝えします。

View Detail

初期と中期

頭を押さえる女性

中絶手術に関しては、妊娠後の期間によって大きく二種類のものが存在します。それは「初期中絶手術」と呼ばれるものと「中期中絶手術」と呼ばれるものに分かれます。ここでは主に中期中絶手術に絞り、その内容をお伝えします。この二種類の手術にはいくつかの違いがあるため、もしも中絶手術を検討されている方は、双方の内容を理解したうえで手術を受ける必要があるでしょう。必要に応じて、クリニックへと足を運び疑問点を解消した方が良いかも知れません。
また、初期中絶手術と中期中絶手術ではその手術内容にも大きな違いが出てきます。手術における違いについてもお伝えします。主な相違としては、手術後の入院の要否やどのように赤ちゃんを取り出すかという部分になります。初期中絶手術と違い、中期中絶手術の場合はより胎児が育っていることになるので、その状況に適応した手術方法が用いられることになります。
また、手術の際には痛みが生じ、その点について不安を持つ方も多くいらっしゃいます。そうした不安を解消するべく、一部のクリニックでは様々な方法が用いられています。痛みを和らげることを観点に考えられたそれらの手段は、患者の方々をより安心させる内容となっています。全国すべてのクリニックで行なわれている手段というわけではありませんが、一部のクリニックで日々改良が重ねられているような取り組みをいくつか紹介します。
中絶手術を行なうという決断は非常に重いものでしょう。ならば少しでもその不安を和らげるために、有効な情報を仕入れてみてはいかがでしょう。

手術方法の違い

病院

中絶手術を行なうにはいくつかの方法があり、それは初期中絶と中期中絶で異なります。東京や全国の産婦人科で行なわれる中絶手術の方法について特徴と違いを取り上げます。

View Detail

痛みを感じない手術

医師

中絶の手術を行なう際には、少なからず痛みが発生します。東京で行なう手術においては麻酔を注射することによりその痛みをなくしますが、それ以外にも様々な取り組みが行なわれています。

View Detail